3・終)お店屋さんの子。

スクリーンショット 2015-11-18 9.58.03 スクリーンショット 2015-11-18 9.58.14

描いていて思ったのが、

やっぱり、私には在庫商売はできないな、って。

お父さんがトコトンやってみせてくれたから、

お父さんが選んでいない道が選べた。

自分を商品にしてしまう情報商売を愛しているし、

お父さんのした苦労はしないで幸せになるよ。

お父さんのした苦労に対して敬意を持っています。

毎日シャッターを開けなくて良くて、

冬でも寒くなくって、

仕入れに行かなくても良くて、

粗利が多くて、

自分の都合でできる商売やよ。

新しい商品は

新しく勉強して、

アウトプットする事やねん。

自分が興味のある事を

めいいっぱい勉強して、

お客さんに伝えてあげる事が

私の仕事やねん。

お父さんみたいに大変な苦労してなくてごめん。

お父さんがそんな事で気分を悪くしたりしないのは知ってるよ。

罪悪感がちょっとあるねん。

お父さんとお母さんがした苦労をしない罪悪感。

でも、私は私の人生のために苦労しないで幸せになるよ。

私は私のやりたい事でお金を稼いで

ほんとうに幸せに暮らしています。

お父さんとお母さんの子供で、良かったよ。

スポンサーリンク

SNSでシェアする