2)お店屋さんの子。

スクリーンショット 2015-11-17 5.37.22 スクリーンショット 2015-11-18 9.54.56

社会的な難しい事は今でもわからないけれど、

バブルの崩壊から、震災、色んな社会情勢を経て

父は病気をして、亡くなる数ヶ月前に店を閉めました。

10年、15年くらい前かなぁ。
お父さんの玩具店仲間の
おっちゃんがお父さんに言うててんけど、
 ,
「こう、子供が親に連れられて店に入って来てさ、
なんか好きなん買うたるってウチの店の中を見てるやろ。
せやけど、1番人気のライダーベルトはないから、
子供は決めきられへんのや。
店の中、ウロウロしてな。
(「これがええ!」ってのが見つかれへんねやろな〜)
ってワシ、思って見てるとな、なんや申し訳なくてなぁ。」
 ,
 人気商品が少ししか入らない玩具屋さんの肩身の狭さとか
ヨドバシカメラができて、
ビックカメラができて、
大型店にはかなわない時代の流れとか
,
お父さんも、そのおっちゃんも
そういう中で商売してたんだと思うと
 ,
私はノドが詰まるような気持ちになります。

父と母はあのお店で

一生懸命働いて

それで私は大きくしてもらったんだと思うと

なみだが出ます。

スポンサーリンク

SNSでシェアする